冥土|黄泉国|到達|地図,Gandara 冥土|黄泉国|到達|地図,Ghandahra
陰陽道の説明
悪,Ghandara 願陀羅,Chandahara

冥土|黄泉国|到達|地図,Gandara 冥土|黄泉国|到達|地図,Ghandahra
三途の川の説明
悪,Ghandara 願陀羅,Chandahara

仏,Religion ガンダーラ,ONESELF

  世の中100%そうはなら無い、など、という事なんかは絶対に無い、が、しかし、
  絶対100%の確立で絶対と言い切れる事が有る、それは死、遅かろう早かろ
  うは有りますが、いつか必ずその日は訪れる、その時、
  あの世( 冥土、黄泉国 )への、到達に苦労しない様にと、黄泉国地図を作成し
  てみました!( 神道を崇拝する方は、高天原へ )
   
  中央の黄色い玉は、全知脳と言って正式名称は黄龍泉といいます、神、仏、悪
  が作り出している脳です、生物は生きている時は、脳みそを使って物事を考え
  行動しますが、死して肉体自体が無くなってしまったら、当然、脳みそも
  無くなる訳ですから考える事が出来ません、ところが、御神託や佛告神、などと
  呼ばれている、いわゆる御告げと言うものは、何故あるのか、それは、あの世に
  は、全知全脳と言う、考えて分からない事など何一つ無い素晴らしい脳が
  存在するからです、よって、御先祖様や、神様、佛様からの御告げを、極まれに
  受け取るといった不思議な事が在る訳です、神、佛、悪のひとつが無くなっても
  全知脳( 黄龍泉 黄泉国ノ脳 )は、存在出来ません、神界、仏界、は悪い事の
  全てを魔界に追い遣る事で成立するのですからね、全知脳は、全知全脳、
  考えの及ばない域などは無い、その眼力の照らせない場所はありません。

   
   上記地図はサンスクリット関係宗教では『 स्वस्तिक 』サヴァスティカと
   よぶ事もあるそうですが、大和国的には、『 八幡茶羅 』 (
はちまんざら ) と
   読む
『 八幡皿 』でも間違いではない、この国土は四神、四獣、十二神将
   その他、神々によって守護されております。



   西ノ白虎海 北ノ玄武海 東ノ青龍海 南ノ朱雀海  開路川 發歩川 渡神川 還魂川
   神妙路 帰妙路 悪妙路  神妙泉 仏妙泉 悪妙泉 は、各界の入り口的な存在としてのみ
   存在する、したがって、これが、黄泉国
( 冥土 | 冥界 )の全てだと思わないでほしい。
   ( 神妙泉は無の中に有り ) ( 仏妙泉は無の中に有り ) ( 悪妙泉は無の中に有り )、
   三柱の無無無となって
『 八幡茶羅 』 ( はちまんざら | 和名 ) は、黄泉国の登龍門として
   存在する、具体的には、死後、両界曼荼羅の元に落とされ、それぞれの進むべき路を四獣に
   襲われる事無く、
 開路川 發歩川 渡神川 を渡ります、渡神川を渡り終えた辺りで魂は
   昇龍のような、もの凄い神がかり的な神通力を授かり、その神通力の恩恵により、還魂川
   昇龍の如く、滝昇りし、四海は帰妙を持って建立し各界へと到達する。
   ( それぞれの川を渡る都度、色々な力が備わってくる。)


-----------------------------------日本の文化伝統を守る、陰陽師: 安倍稔範

* *






















* *

 進むボタン

* *