大分県産オオクワガタなら、ドルクスUSA

contents

モバイル版 | 宇佐神宮 | 放生会 | ドルクスUSA

モバイルでもお楽しみ頂けるように!、国宝指定『 八幡宮 総本山 宇佐神宮 』の御神輿ワッショイ!『 八幡大神 』様の御神体を乗せた御神輿が民の神社『 和間神社 』から国宝指定『 八幡宮 総本山 宇佐神宮 本殿 』へと戻る!、通称『 御上り! 』正式名称『 放生会 』のWEBサイトが出来上がりました!、3888枚の写真の中から、ピンボケしていない超高画質な写真を、48枚のみ選定し、見易い形の『 WEB動画ストリーム配信 』+『 フォトアルバム 』に致しました!、ファイル容量が途轍もなく大きい為、レンタルサーバーでは無理と判断し、私し御手製の専用自作サーバー( https://www.usz.jp/ )を作成し、専用サーバーにて『 皇紀:2678年度 宇佐神宮 放生会 御上り 』として公開させて頂きました、ど~ぞ、存分にお楽しみ下さい! ( mobile )


宇佐神宮( 放生会 ), ドルクスUSA, 実写版、激レア写真集!( Number : 01 )

国宝指定 [ 八幡宮 総本山 宇佐神宮 ] 放生会の状況を[ ドルクスUSA ]が写真にて詳細に解説致しております!( No:01 )









宇佐神宮( 放生会 ), ドルクスUSA, 実写版、激レア写真集!( Number : 02 )

国宝指定 [ 八幡宮 総本山 宇佐神宮 ] 放生会の状況を[ ドルクスUSA ]が写真にて詳細に解説致しております!( No:02 )









宇佐神宮( 放生会 ), ドルクスUSA, 実写版、激レア写真集!( Number : 03 )

国宝指定 [ 八幡宮 総本山 宇佐神宮 ] 放生会の状況を[ ドルクスUSA ]が写真にて詳細に解説致しております!( No:03 )









宇佐神宮( 放生会 ), ドルクスUSA, 実写版、激レア写真集!( Number : 04 )

大分県、宇佐市、国宝指定 [ 八幡宮 総本山 宇佐神宮 ] 放生会の状況を[ ドルクスUSA ]が写真にて詳細に解説致しております!( No:04 )









宇佐神宮( 放生会 )を、私、安倍稔範が, ドルクスUSA, 実写版として、激レア写真集に纏め上げました!( Number : 05 )

大分県、宇佐市、国宝指定 [ 八幡宮 総本山 宇佐神宮 ] 放生会の期間中は和間神社にて蜷貝の放流などが行われますので、お誘い合わせの上、ぜひお越しください!, [ ドルクスUSA ] から宜しく御願い申し上げます!









宇佐神宮( 放生会 )を、私、安倍稔範が, ドルクスUSA, 実写版として、激レア写真集に纏め上げました!( Number : 06 )

放生会(ほうじょうえ)は、宇佐神宮における最古の祭祀儀礼です。八幡大神が神輿に乗って、宇佐神宮から和間の浜に建てられた浮殿に神幸し、最終日の8日に宇佐神宮へ戻ります。伝統的なこの行事の由来は、720年に起きた隼人の反乱にさかのぼります。反乱が起きた際、朝廷軍と共に八幡神が鎮圧して以降宇佐に疫病や凶作などが続き、隼人の霊の祟りだと信じられていました。その霊を慰めるために仏教の殺生戒に基づいて生き物(蜷貝)を放って供養する放生会がはじまり、全国各地に広まったと言われています。歴史と伝統を今に伝える放生会は、神仏習合文化を如実に表している行事です。









国宝指定『 八幡宮 総本山 宇佐神宮 』の

御神輿ワッショイ!『 八幡大神 』様の

御神体を乗せた御神輿が民の神社

『 和間神社 』から国宝指定『 宇佐神宮

へと戻る、素晴らしく勇壮な祭儀です!

- -宇佐神宮 八幡大菩薩 伝説 - -
語り部: 到津 公斎
聞き手: 安倍 稔範

宇佐八幡伝説秘話 」:歴史的な公文書には

記されて無い、口伝えによる伝承です!

前宮司の
到津公斉様より、私が放生会に

参加している時に、お聞きした話の内容に

よれば、その
また昔『 神様は地面に足を

付けては成らない
』という掟( おきて )が

有り、八幡大神さま
は、宮中の中のみでの

生活を送って居ったそうな、ある時、

八幡大神さまが宮中の側近
に『 ア~毎日が

退屈で全く面白くない、実につまらない!


と言い、外に出て見たい!


その様な事を言ったそ~な、側近( 神仕 )は

たいそう、困った、考えに考えた、挙句の果て

ふと、思い付いた!、輿( こし )に乗って頂け

れば、地面に足を付けずとも、外に出られる


のではないのか?、早速、神官達を招集し、

会議の席を設けて、話し合いの末に結論が


出た、八幡大神さまを『 輿( こし )に乗せ 』、

外に出る事が決まった!、八幡大神さまは、


たいそう喜び、予定どおりの日に輿( こし )に

乗り、山岳部に有る『 宇佐神宮 』を囲む様に


流れる寄藻川にかかる神橋を渡り宮中から、

民の暮らす海辺の方まで行ったそうな、


すると八幡大神様は、ある事に、お気付きに

なられた!、八幡大神様は、側近( 神仕 )の


方々に訊ねたらしい!、なんで

民の家から煙りが上がっておらんのじゃ!

すると側近は、
恐( かしこみ )み申した!、

八幡大神さま、今年は農作物が凶作な上に、

海の幸も全く上が
らないと!

すると八幡大神さまは、なぜ、それを、もっと

早く言わないのだ!


それでは民は食べる食料が無いから、

家から煙が上がってないのか?、


すると側近が、はい!

神宮に年貢( 租税 )を納めるのがやっとで

自分達が食べる為の
食べ物が無いから、

煙が上がっておりません!


すると

八幡大神さまは『
よ~し、よ~く解った!

年貢を半分に減らすのだ!、良いな!


八幡大神さまは、そう側近に伝えたそうな、

それから数年の時が過ぎた頃の事である、


日本全国を津々浦々、点々と旅をしながら

商いを営む旅商人が、宇沙之国は年貢の


徴収を半分に減らしたらしいぞ!、と、旅を

しながら、行った先々で
噂話に花を咲かせ

たらしい、それを聞きつけた民が、

よし決めた!


宇沙之国に引っ越すべ!、と、日本各地から

民がぞくぞくと宇佐見之国( 宇佐市 )に

やって来て農地を開拓する者もいれば、船を

作って漁師を営む者も居て、そりゃ~たいそう

活気が出て来たらしいのだ、そして年貢を

減らしたのに、人口数が増加した為、

逆に年貢( 租税 )は、5倍~8倍に増えた

らしいのだ、この地点で宇沙之国は

『 一大勢力 』を得る事と成り、国東半島に

両子山を中心とした山稜の間に

6ヶの郷開かれ、宇佐神宮を死守せよと

命じ、
その翌年、神功皇后様も、加わり

『 三韓征伐 』
を成し遂げたらしい、ここで

一つ言える事は
 一之御殿( 八幡大神 )は

優しい神様、三之御殿( 神功皇后 )さまは、

厳しい神様だと聞かさ
れた!

消えゆく歴史を私( 安倍稔範 )が語りべとして

語らせて頂きました!



『 皇紀:2678年度 宇佐神宮 放生会

御上り 』として公開させて頂きました、

ど~ぞ、存分にお楽しみ下さい!